おまとめローンと借り換えローンの違い

月々の借金の返済に苦しんでいる時に、おまとめローンや借り換えローンを利用して、毎月の返済額が抑えられるようになったり、金利負担が少なくなったりして返済が楽になる場合があります。おまとめローンと借り換えローンは似て非なるもので混同しやすく、意味を正しく覚える必要があります。 おまとめローンは、複数の金融機関からカードローンやクレジットカードのキャッシング等の借金の残高がある場合に、1つにまとめるローンを言います。銀行のカードローンが総量規制対象外で多めに借り入れができるために、おまとめローンの代用とする場合もあります。 消費者金融やクレジットカードを発行する信販会社のような貸金業では、借金の軽減ができて消費者が一方的に有利となるローンとなりますので、総量規制の対象外となり、年収の3分の1を超える額でも融資可能となります。また、銀行や信用金庫でも取り扱いがあり、多目的ローンやフリーローンとして利用できる場合もあります。 新規にローンを組むよりも審査基準が厳しくなるため、否決される事例も多く見られます。多くても2、3社程度ならおまとめローンを利用して、借金を一本化できる可能性があります。カードローンのように利用限度額以内なら何度でも借り入れできる性格のローンではなく、予め限度額が決められています。相手先の金融機関に振り込まれた後に、返済を進めていくタイプのローンですので、追加融資や限度額の増額には対応できません。 一方、借り換えローンは、一般的に借金の数は1社のみです。金利が高い時に多額の借り入れをしたり、金利が変動して高くなった時に、月々の金利分の支払いを軽減して、全体の返済額を少なくするために低金利の借り換えローンを検討することが多いです。カードローンやクレジットカードのキャッシングのような小規模なローンよりも、住宅ローンなどの比較的大きな額のローンを利用して金利負担が大きい時に、ローンの見直しを検討するときに用いられることが多いでしょう。

即日でキャッシング

即日,キャッシング,こちら
ページのトップへ戻る